top of page

ヴァイオリンの松脂 Violin Rosin


ヴァイオリンの音を出す上で、松ヤニは欠かせない存在です。

見た目は、ツルツルしていておいしそうなべっこう飴のようですが、食べられません!笑

松ヤニはどれも同じだろう...と思われがちですが、見た目も色の薄い黄金のべっこう飴のような色のものから、ちょっと焦げてしまったような濃い色のものまであり、種類やメーカーによっても音質や弾きやすさが変わってきます。

 

目次




 

[ 松ヤニは何のために塗るの? ]


ヴァイオリンの弓の毛は、馬のしっぽの毛でできています。

私たちの髪の毛と同じで、馬の毛も最初はつるつるしていて摩擦がなく、そのままの状態で弦を擦っても音は出ません。

しかし、弓の毛の表面に松ヤニを塗って弦と弓の毛に摩擦を生むことで、あのキレイなヴァイオリンの音を出すことができます♪


 

[ 松ヤニの塗り方 ]


新品や毛替え直後の弓の毛に松ヤニを塗る場合は、しっかりと満遍なく塗ることが大切です。

塗りむらがあると、弾いている時に音の出ない部分が出来てしまう可能性があります。しかし、塗りすぎもギィーッギィーッと雑音が出たり、粉が舞ってくしゃみが出る原因となってしまいますので、適度に塗ることがとても大切です。

適度に塗ると言っても、どの程度塗ったら良いかわからない…!と、よくご質問をいただくので、IVATでは『ゆっくり優しく3往復』とお伝えしています。

詳しい塗り方については、担当の先生にお尋ねください♪


 

[ おすすめの松脂一覧 ]


■ BERNARDEL ( ベルナルデル ) / Made in Feance / Savarez社

■ PETER INFELD (ピーター・インフェルド) / Peter Infeld社

■ MELOS (メロス) / Made in Greece / Melos社

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page